女性の更年期障害はいくつから?

更年期障害と言えば、閉経を迎える年齢辺りで起こる症状…と一般的には理解されているようです。しかし、最近では閉経とはまだ程遠い30代の女性であっても、更年期障害の症状が起こることが増えています。いわゆる、若年性更年期障害ですね。


そもそも更年期障害は、閉経に伴い女性ホルモンのエストロゲンが減少することで引き起こされる様々な症状のことを言います。更年期とは、卵巣の働きが低下していき、閉経を迎えるまでの期間を言います。だから一般的には更年期障害と言えば50代ぐらいからと思われているのです。


しかし、年齢的には更年期でなくとも、ストレスなどで女性ホルモンが乱れて減少すれば、体の状態は更年期と変わりません。よって、更年期の年齢ではなくとも更年期障害の症状が起こるのです。


女性の社会進出も進み、女性がストレスを受ける環境も多い昨今、女性の更年期障害は何歳ぐらいから…なんて話はもう古いのかもしれません。女性ホルモンが更年期障害の原因にある以上、女性の更年期障害については年齢は関係ないとも言えます。


まだ若いから更年期障害なんて大丈夫と思っていませんか?のぼせ、めまい、ほてり、いらいら…そんな症状が増えたなと思うなら、それは若年性更年期障害の症状かもしれませんよ。一度婦人科にかかることをオススメしますよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。