男性の更年期障害の治療法

更年期障害は女性の病気…と言われたのはもう過去の話。最近ではメディアで男性の更年期障害が取り上げられることも増え、男性にも更年期障害は起こりうるということが一般的になってきましたね。


さて、男性の更年期障害の場合、どういった治療法があるのでしょうか?今現在のところ、主な男性更年期障害の治療法は、男性ホルモンを注射で補充するという治療法が一般的だそうです。内服薬もあるそうですが、効果があったりなかったり、また副作用の問題もあり、あまりオススメではないのだとか。


しかし、実際に男性更年期障害になったからと言って、必ずしも男性ホルモン補充治療をするわけではないようです。煙草やお酒を止めて、運動をするような習慣をつけるだけで、男性更年期障害の症状が著しく軽減されることもあるそうで、女性の更年期障害と同じく、症状や治療法にもかなりの個人差があると言えそうです。


なお、男性更年期障害の治療法である、男性ホルモン補充療法ですが、子供を作りたいと考えている方にはオススメできません。精子の形成を妨げる作用があるからなんですね。また、前立腺肥大症や多血症といった副作用が起こる可能性もゼロではないようです。


男性更年期障害の症状も度合いも人それぞれ。治療を受ける必要があるのかないのか、リスクはどの程度なのか、まずはお医者さんとよく相談して自分に一番あった解決策を選びたいものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。